【USMS9シングル】ガルミミゲッコ【最高最終2110/最終61位】

 【はじめに】

 f:id:a_zur2:20180518173204j:plain

 

s9お疲れさまでした。あおと申します。

今期は初総合レートに挑戦していました。シングルのみではありますが、初めて構築記事を書かせていただきます。

 

 

 【戦績】

 f:id:a_zur2:20180518130739j:plain

USMS9シングルレート最高最終 2110pt 61位 (52勝12敗)TN:あお

 

 

 

 【構築経緯】

  今期は総合レートをやろうと思っていたので、他ルールの練習に時間を割くためにシングルは一戦一戦の時間が比較的少ない対面構築を選択しました。肌に合いそうなptを探し、なしころもさんのS8使用構築を発見し回してみたところ非常に使いやすく、この構築をパk参考にすることに決めました。持ち物や技構成を少し変更している部分はありますが、大体原案通りなので元記事を読むことを強くお勧めします。

(無断転載ですので問題があれば消去致します)

nashikoromo.hatenablog.com

 

 

 【個別解説】

※括弧内は努力値

 

ガルーラ@ガルーラナイト

f:id:Onigohri_362:20180513172120g:plain

性格:意地っ張り(攻撃↑特攻↓)

特性:肝っ玉→親子愛

実数値:207(212)-194(252)-120-×‐121(4)-125(36)

技構成:グロウパンチ/恩返し/地震/不意打ち

H:16n-1(定数ダメ最小)

A:ぶっぱ

D:DL意識で4振り

 

よくある調整のガルーラ。グロスの意地アムハンは最高乱数切りで耐えるが、バレパン不意打ち択になってしまうので、ガルドを選出している場合は素引きしていた。

自らが崩し要因になれるので、受けサイクル相手にも怯まず出していくことができた。

グロウパンチは簡単に打っていい技ではなく、相手の裏や試合展開を予想した上で選択する必要がある。

A↑1地震でASミミッキュが落ちるので、素グロパン→メガ地震の動きをすることもあった。捨て身の火力が欲しい場面はあったが、それ以上に反動ダメがないことのメリットの方が大きかったので恩返し(八つ当たり)推奨。

 

 

霊獣ランドロス@バンジの実

f:id:masqueradepoke:20180123151218g:plain

性格:腕白(防御↑特攻↓)

特性:威嚇

実数値:196(252)-166(4)-156(252)-×-100-111

技構成:地震/岩石封じ/蜻蛉返り/ビルドアップ

 

よくある調整、技構成のランドロス。ガルーラが自ら崩し要因になれるので、毒ではなくマンダ、ミミッキュに強くなれるビルドアップ。ビルドがあることにより、自らが詰め筋になることができ、非常に優秀な技だった。ナット入り何かにも出しやすくなる。

基本、物理技しか受けないのでHBぶっぱ。

 

 

 

ゲッコウガ@気合の襷

 f:id:Onigohri_362:20180513192605g:plain

性格:控えめ(特攻↑攻撃↓)

特性:激流

実数値:147-×-87-170(252)-92(4)-174(252)

技構成:熱湯/水手裏剣/悪の波動(冷凍ビーム)/挑発

 

最近よくいる襷激流ゲッコウガ。元ネタでは、せっかち(波乗り/水手裏剣/岩石封じ/冷凍ビーム)だったが、低レート帯でギャラが多く、ゲッコによく後出しされたので負荷を懸けるために波乗り→熱湯、岩石封じ→挑発に変更している。

一定数いたランドスイクン@1のような並びに対しても、スイクンを焼くことができれば立ち回りがグッと楽になる。死に際挑発→ガルーラのグロパン で抜いていく立ち回りも強く、一度使うとなかなか外せない技だった。

ただ岩石封じを抜いた影響で初手のリザY(特にオバヒニトチャ持ち)がゲロ重くなってしまったのでここは一長一短。(ラスト5戦はせっかち個体を使用したがリザ入りに当たらなかった)

初手で1体処理した後によく相手のゲッコウガが出てきて身代わりを押されるので下からの熱湯で身代わりを割るために準速での採用。

 

ミミッキュミミッキュZ

f:id:Onigohri_362:20170321222902g:plain

性格:陽気(素早さ↑特攻↓)

特性:化けの皮

実数値:131(4)-142(252)-100-×-125-162(252)

技構成:身代わり/呪い/痛み分け/じゃれつく

 

所謂メンヘラッキュ。有限サイクル相手はこのポケモンで崩していきたい。

崩し要因だけでなくストッパーにもなれ、出せば何らかの仕事はしてくれていた。

基本は、このポケモンゲッコウガを初手に投げる。

クチート対面は、呪い→身代わり→身代わり→痛み分けと押すことで1:1以上が取れる。

 

 

ウルガモス@炎Z

f:id:Diorama:20180313141805g:plain 

性格:控えめ(特攻↑攻撃↓)

特性:炎の体

実数値:161(4)-×-85-205(252)-125-152(252)

技構成:蝶の舞/オーバーヒート/ギガドレイン/目覚めるパワー氷

 

崩し要因。普通に積んでも強いが、ランドの蜻蛉から出してZ打つ動きも強い。

虫Zにして崩しに特化しても良さそうではあるが、皮剥いだミミッキュをワンパンできるのも優秀なので何とも言えない。

ランドにはめざ氷よりオバヒZの方が入るので落ち着いてZを打ちましょう(1敗

 

 

ギルガルド@食べ残し

 f:id:yoshimaru_poke:20180515201051g:plain

性格:控えめ(特攻↑攻撃↓)

特性:バトルスイッチ

実数値:161(208)-49-170-101(172)-175(36)-92(92)

技構成:毒々/キングシールド/身代わり/シャドーボール

 

テテフ受けやメタグロスへの誤魔化し要因。役割対象のテテフにあまり当たらず、数える程しか出していない。

調整はorasの時のものなので、もっと耐久に振ったほうがいい。

ここの枠は改善案があるので、s10で試してみたいと思う。

 

 

【基本選出】 

f:id:nashikoromo:20180126165518p:plainf:id:nashikoromo:20180126165430p:plainf:id:nashikoromo:20180126170329p:plain

元記事にもあるように基本はこれ。

基本ゲッコかミミッキュのどちらかを初手に投げるが、レヒレがいる場合はなるべくミミッキュを投げたい。レヒレ+グロスのようにどちらも初手に投げにくい相手の場合はガルーラを初手に投げていた。

ガルーラが役割破壊格闘Zをよく誘うのだが、そこに対して初手に行動保証のある2体を選んで投げていけるのが非常に偉い。

 

f:id:nashikoromo:20180126170329p:plainf:id:nashikoromo:20180126165207p:plainf:id:nashikoromo:20180311143740p:plainorf:id:nashikoromo:20180126165518p:plain

メガ+クッション+Z

個人的にはミミッキュを出すことのほうが多かった。

 

vs受けループ、受けサイクル

f:id:nashikoromo:20180126165518p:plainf:id:nashikoromo:20180311143740p:plainf:id:nashikoromo:20180126170329p:plainf:id:nashikoromo:20180126170044p:plainの中から3体

受けループはキツめ。グライ出してくれること祈って大体左3体出したが勝ったり負けたり。

普通の受けサイクル相手はランド出しも全然あり。

 

 

 重いポケモン

メガリザードンY

メガミミロップ

 

 

 【後書き】

2100自体は2週間前に乗せて瞬間最高4位とかだったんですが、総合レートの都合で2110で保存してしまって最後潜れなかったのが少し心残りではあります。が、自身初の2100を達成でき、嬉しい気持ちでいっぱいです。

このなしころもさんの対面構築は初手に投げやすい駒が行動保証持ちで選出も分かりやすく、初心者の方でも非常に使いやすい構築になっていると思います。1試合にかかる時間も短めなのでお勧めです。

 

そして、後書きでの報告となりましたがこの度総合レート1位を取ることができました(2位の方と1pt差)

f:id:a_zur2:20180518165950j:plain

シングル以外のルールはほぼ初心者で必死で練習したので凄く嬉しかったです。

はじめは総合やってた友人のレート(7367pt)抜けたらいいなくらいの感覚だったのでまさかここまでこれるとは思っていませんでした。いろんなルールに触れて自分の中の知識が増えていく感じや周りの応援が嬉しくて、最後まで駆け抜けることができました。

応援してくださった方々、対戦してくださった方々本当にありがとうございました。

 

Twitter】@a_zur2

 

 

【Special thanks】

ともくん

最終日ダブルとWCSの構築を頂きました

 

アズモ、シン

定期的に家着てモチベを上げてくれました

 

なしころもさん

構築を参考にさせていただきました

(向こうからは名前も知らないだろうにお名前を出してしまい申し訳ありません)